アカメ 釣り入門タイトル4.JPG
アカメ 釣り入門 へようこそ!
一緒にアカメ釣りを始めませんか?

アカメに使うリール

アカメ 釣り入門へようこそ!

アカメに使うリール。
迷いますか?

私はスピニングリールオンリーですから、ベイトリールは語れません。

ご了承ください。

スピニングでは、4000〜5000番クラスのリールを使います。
もちろん、これより大きくても小さくても釣りは可能です。

あとは、糸巻量、重量、強度、ドラグ性能といった所ですか。
そして、竿と体力のバランスも考えましょう。

まず、重いとしんどいです。

短い遠征期間。
ムリして竿を振り続けるわけですよ。

キャストはしんどくないんです。
問題はリーリング時です。

竿を一定の高さに保ってゆっくりリーリング。

竿先を下げてリーリングならまだマシですが、竿ジリと同じ高さに近づくほどしんどくなります。

手首がこり固まります。

以前、98ステラの5000番をアカメ用に使っていました。
はっきり言って重いです。

4000番にしときゃあ良かった。

しかし、そんな私にも女神が微笑み20kgUPのアカメがヒットしました。

ヘタレな私はもちろん太いラインを使っていましたが、ドラグをしめ過ぎるとフックアウトが怖い。

98ステラちゃんからラインがどんどん出て行きます。

全般にごついタックル設定ですと、さすがに100m走られるわけではないようです。

しかし、ヒット地点からイメージ30mくらいは走られます。

使用するタックルバランスにもよりますが、使用するラインが150〜200mくらい巻ける方がいいでしょう。

ドラグ性能はいいに越したことはありませんが、よほどへなちょこなリールで無ければ大きな問題はないでしょう。

人にもよりますが周辺に障害物が無い限り、結局は若干ドラグをゆるめにして、スプールを押さえながらファイトしています。

限界位置での極限の性能は求める必用は無いと考えます。

ちなみに、私の98ステラは上記アカメとのファイトが原因なのか?

翌年のアカメ釣行時にハンドルが回らなくなり、あの世へと旅立ちました。

修理に出したら、もっと症状がひどくなりました。
「もう昔のリールですからねぇ〜」

言い訳がましい!
物理的問題なんだから解決せんかい!

ええぇ?シマノさん?
posted by ラテスJP at 18:32 | アカメに使うリール
 
 スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。