アカメ 釣り入門タイトル4.JPG
アカメ 釣り入門 へようこそ!
一緒にアカメ釣りを始めませんか?

アカメと増水

アカメ 釣り入門へようこそ!

スズキ等を狙う場合、雨が降って川が増水すれば活性が上がってチャンス到来って感じですよね?

さて、アカメの場合はどうなんでしょう?

昔から四万十川では日照りが続いて川の水量が減るのがアカメの好条件といわれています。

一方、河口域をメインとする釣り場では河川が増水すればベイトが流されて来ますから、アカメが河口に集まると言われます。

四万十川の場合は、恐らくアカメが海水魚であることから来ている話かと思います。

河川が増水すれば表面の淡水の層が増え、度合いによっては底の方までかき回され、アカメは塩分濃度の急激な低下を嫌って、より河口側もくしは海へ避難。

昔、台風後の増水した四万十川へアカメを狙って釣行したことがあります。

角崎周辺では通常水位より4mくらい上の部分に流された木などのゴミがあります。

そこまで増水していたということですね。

そんな異常な状態ではもう釣果は望めないと直感的に感じるのですが、そこは釣人ですからはいそうですかって素直に帰れません。

少し下流域を見て回ります。

遊覧船の発着所周辺におびただしい数のボラが避難していました。
こんなけアカメのエサが溜まっていたら喰いにくるかも。

周辺は比較的シャローでしたが魚が入ってこれない水深ではない。
セイゴが数回チェイスしてきた以外に反応はありませんでした。

恐らく、そのシャローエリアの水はほぼ淡水だったのだと思います。
いくらエサだらけでも、淡水域にまでは侵入しないのでしょう。

さて、河口域のお話。

上記したように、増水した河口はアカメの一級ポイントになります。

昔から、増水した河川の河口で大型のアカメが釣れたという話は良く聞きます。

私の釣ったアカメの最大魚もこの条件でした。

河川内と異なり、アカメは海側にいればいいわけなので淡水域深くへ進入する必要がありません。

河口で待っていればいいんですから。

その時、大型のアカメが群れで集まっていることを体感しました。

一晩4人で、5ヒット3キャッチ。
私個人は2ヒット1キャッチです。

1本目をバラシて、その後数投目で2本目のヒットです。
完全に群れが回ってきています。

キャッチしたアカメは20.5kgで、バラシた魚も同等かそれ以上の手応えでした。

遠征組は、たまたま遠征している時にこのチャンスにめぐり合うことが出来ないと味わえないのです。

高知に住んでいれば天候に合わせて釣行できますもんね。

結論。

河川内がポイントの釣り場は思いっきりの増水時は避ける。
そんな時は河口がポイントの釣り場へ行く。
posted by ラテスJP at 18:30 | アカメと増水
 
 スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。